Menu

快建築舎の家づくり

(1) 家づくりの目的は

快建築舎の考える、家づくりの目的は、“家族の幸せ”です。
あなたが家を建てようと思った理由は何ですか?また、家づくりの目的はなんですか?

例えば、今の住まいが古い・せまい・不便。夏暑くて冬寒い。子供にのびのびした暮らしをしてほしい。賃貸アパートでまわりに気をつかうのがつらい。庭でバーベキューをしたい。健康的な家に住みたい。おしゃれな家で暮らしたい。家賃がもったいないなど、そこには様々な理由があるでしょう。こうした理由で家を建て、思い通りの暮らしができるようになった先には、 “家族の幸せ”があるのではないでしょうか。

安全で快適、機能的で健康に暮らせる家。そして自分好みのデザイン。そこで暮らすあなたと家族は健康で楽しく、のびのびと暮らすことができます。そうそれは家族の幸せなんです。家には、あなたの人生に多くの良い影響を与えることができる可能性を秘めています。家族の安全と健康を守り、快適な空間を提供し、そしてあなたの大切な資産を守ることができる家づくりを目指しています。

(2) 家族の幸せを実現する家とは

快建築舎では、性能・デザイン・資金計画が、家族の幸せを実現する家づくりのための最も大切な基礎だと考えています。

性能

家族の幸せの基本となるのは、安全と健康です。どんなにおしゃれで気に入ったデザインの家でも、地震や台風、火災等に弱い家だと本末転倒です。

また、夏暑く冬寒い家では健康を損なうことが様々な研究でわかっています。そして不快な環境で我慢を強いられることになります。換気能力の低い家では、人と家どちらの健康にも大きな影響を与えます。
こうしたことを防ぎ、安全で健康、そして快適な家を実現するため絶対に必要なのが次の住宅性能です。 耐震・耐風、防火、断熱、気密、換気性能です。そして家は長い年月暮らす場所ですので、耐久性能も必要です。
快建築舎ではこれらの性能を 感覚に頼ることなく、公的な計算方法を基に全棟性能計算を行い、国の認定や公的認証を取得しています。

快建築舎の主な性能基準

家の性能は感覚ではわかりません。暖かい、強い、などの言葉だけではだめなのです。きちんとした公的認証や、あなたの家のための計算等を行って出した数値で確認する必要があります。

家の性能は感覚ではわかりません。暖かい、強い、などの言葉だけではだめ。きちんとした公的認証や、あなたの家のための計算等を行って出した数値で確認する必要があります。

例えば、車を買うときには〇km/Lという数値を確認します。営業マンの「よく走りますよ。」という言葉だけで買う人はいません。車は5年から10年で買い替えます。しかし家は数十年、そして次世代に受け継ぐほど長く使うものです。家づくりのための確かなモノサシを持つ必要があります。

デザイン

新幹線の開発設計者、三木忠直さんの言葉に次のようなものがあります。

「美しいものをつくれ。そうすれば解決する。」

この言葉はデザインの本質を見事にとらえていると思います。 また、デザインは日本語に訳すと
“設計”です。

家を建てる際のデザインコンセプト

ここでデザインについて考えてみます。先ほど述べた住宅性能は絶対に必要です。家族の幸せを実現するための最も大切な基礎です。ただし、住宅性能を追求するだけで本当に良い家と言えるでしょうか。残念ながらそれだけでは不十分です。住宅性能のみを極限まで突き詰めて出来上がるのは、ものすごく頑丈で断熱性能・気密性能・換気性能の高い箱です。

快建築舎では、住宅性能+本質的なデザインが融合することで、住まい手の満足度・幸せが最も高まると考えています。そして本質的なデザインとは、住まい手の感性・好み・生活スタイル・将来設計・予算などを考慮した、オリジナリティの高い機能的なデザインだと考えています。 快建築舎では、高い住宅性能をかね備えるとともに、ワンパターンではなく、住まい手の価値観、感性、生活スタイルに合った機能的なデザインをご提案します。

資金計画

“資金計画”とはどんな目的で行うのか、どこに答えがあるのか。まずはこのことを考える必要があります。 ズバリ資金計画の目的とは、『住宅資金』、『教育資金』、『老後資金』という人生の三大出費を無理なく準備できるようなお金のライフプランを作って実践することです。

住宅性能、デザインは家自体を考えるうえで最も重視するべきことです。ただし、もし十分な性能と素晴らしいデザインの家を手に入れたとしても、正しい資金計画ができていなければ、家づくりの本当の目的である家族の幸せを実現することはできません。 よくあるのが、今の状況で住宅ローンが払えるのかどうかだけを考えている場合です。

“住宅ローンは借りれるだけ借りてはダメ”“借りれるお金と返せるお金は違う”ということを良く耳にします。これらは当然考えるべきことですが、これだけでは全く不十分で、失敗する可能性が高いです。

資金計画の目的とは、『住宅資金』、『教育資金』、『老後資金』という人生の三大出費を無理なく準備できるようなお金のライフプランを作って実践することです。

本当に大事なのは、あなたの生活スタイル、将来設計、価値観をしっかりと考え、今後必要になる『住宅資金』、『教育資金』、『老後資金』をしっかり確保できるかどうかを確認することです。住宅ローンを借りれるだけ借りていいのかだけではなく、住宅ローンを無理なく返済し、教育資金をきちんと確保して、60歳、70歳の時に老後資金がしっかり残っているのか。ここまで考えてシミュレーションしてはじめて適正な『住宅資金』が決まります。 くわしくは『大切なお金のはなし』のページをご覧ください。

工法についてはコチラのサイトをご覧ください。(株式会社LIXIL サイト)
http://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/