Menu

耐震等級3が絶対に必要な理由

日本は災害の多い国です。特に地震は日本各地で頻発しており、大きな被害を残しています。近年では地震が少ないと思われていた福岡熊本でも大きな地震が発生しており、九州でも家づくりと耐震性は決して切り離すことのできない問題となっています。 そこで今回は家に必要な耐震性についてわかりやすくまとめてみたいと思います。そしてなぜ『耐震等級3』が必要なのかをお伝えしたいと思います。 耐震等級3を新築時に認定取得する費用は耐震等級1に比べて数十万円上がるのは事実です。当社はそれでも絶対に必要だと確信しています。(のちのちリフォームで行う場合は数倍の費用がかかります。) 耐震等級の重要性を広く伝えて、多くの方が安全な家を手に入れていただきたいと心から願っています。最後には地震による揺れの実験動画も掲載していますので、ぜひご覧になってください。 耐震・制震は大切、重要を超えて『当たり前』の性能なのです。(当社では耐震等級3認定取得に加えて制震構造を標準としています。)

耐震等級とは?


耐震等級とは簡単に言うと、地震に対する建物の強さを表す等級です。 耐震等級は1~3までの3つの等級があり、数値が大きいほど地震に対して強いことを表しています。等級1の耐震性を「1」とすると、等級2は「1.25倍」、等級3は「1.5倍」と定められています。
耐震等級の意味
建築基準法の基準を満たしただけ(家が最低限建てられる基準)の家や建物は「耐震等級1」です。 耐震性に対して高い意識を持った建設会社や工務店などは「耐震等級3」の家や建物を造っています。 消防署や警察署などの防災拠点となり、倒れてはいけない建物も耐震等級3で建てられています。ただ、消防署や警察署は倒れてはいけないけど、あなたの住む家は倒れてもいいのでしょうか? あなたと大切な家族の住む家は倒れることが許されない建物なんじゃないでしょうか。 ここで注意すべきなのは、「耐震等級~相当」や「耐震等級~仕様」などと書いてある場合です。こういった場合、実際に構造計算や構造の基準に則った検討を行っておらず、公的な認定を受けていないことがあるので注意が必要です。 実際の構造計算と公的な認定がない場合は実際の地震に対する強度はわかりません。正式に耐震等級の認定を受ける場合は、お客様1人1人の家の形や仕様で構造計算を行い、申請を行わなければなりません。単純に筋交いや耐震パネルを増やしたり、通し柱を増やしても、本当の耐震等級3にはなりません。 基礎の設計から構造計算まで1棟1棟行い、公的な審査を受けて初めて耐震という性能が証明されます。公的な認定、耐震等級3を取得することがとても大切です。 当社では全棟長期優良住宅認定とともに、耐震等級3の認定を取得しています。また、正式に耐震等級の認定を受けた住宅は地震保険の大幅な割引が受けられます。

家を建てる目的は『家族の幸せ』


家を建てる目的は何でしょうか? 快適な暮らし、おしゃれな空間での気持ちいい暮らし、便利な生活など様々な目的があります。もう少し深く考えてみると、なぜそうした快適で気持ち良く、便利な家を求めるのでしょうか。 それはその先に『家族の幸せ』があるからだと思います。『家族の幸せ』のために人は快適で気持ち良い家、便利な家、いい家を建てたいと思うのです。 家づくりの究極の目的は『家族の幸せ』です。 だからこそ、地震に対する万全な備えが必要なのです。 地震の被害は瞬間的で、そしてとても大きなものです。どんなにいい家を建てたとしても、地震から家族を守れないのであれば、『家族の幸せ』を守ることはできません。 日本で暮らす以上、地震はいつどこで発生してもおかしくはありません。耐震性をおろそかにしたツケは取り返しのつかない大きなものとなります。 そして耐震性能の重要性につながる最も大切なことが、建築基準法(家や建物を建てるとき全ての基準となる法律)にも、一番初めに書かれています。
建築基準法 第一条  この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、 国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。
家や建物の一番大切な目的は、人の生命や大切な財産を守ることなのです。 家づくりにおいて、この一番重要な目的は、最も大切にしなくてはなりません。 そしてそれは大切な家族を守ることであり、『家族の幸せ』の大前提となります。

なぜ耐震等級3が必要なのか?


ここまで、家を建てる目的や、耐震性の重要性について書いてきました。 それではなぜ耐震等級3が必要なのでしょうか。 九州で発生した大地震(2016年熊本地震)などの被害状況を考えると、耐震性能の重要性に改めて気づかされます。その被害は大きく、住宅の全壊が8,204棟、半壊が30,390棟、一部破損が139,320棟となっています。 そしてなくなった方の一番大きな原因は、家屋倒壊です。また、阪神大震災でも亡くなった方の77%の原因は圧死です。家の倒壊が原因なんです。 家は人の生命や財産を守るためのものですが、きちんとした耐震性がないと人の命を奪うものにもなるのです。 倒壊した建物にはもちろんかなり古く、耐震等級1の家が多くありました。 しかし実際には、耐震等級2を取得した家も倒壊していたのです。耐震等級2でも倒壊(全壊)が発生しています。 耐震等級2では、熊本地震のように複数回の大きな地震(短期間で震度の最高値である震度7が2回発生した)の場合、1回目の揺れで何とか倒壊に耐えたとしても、大幅な耐震性能の減少が起こり、2回目の揺れで倒壊したことが調査の結果わかっています。耐震等級3が当たり前にならないといけません。 熊本はもともと地震の発生が少ない地域と考えられていました。しかし、大きな地震が発生し、多くの被害を残しました。 家づくりの観点で考えれば、同規模の地震は日本、九州でいつ発生しても不思議ではなく、耐震等級2の家では倒壊する可能性があるということがはっきりとしました。 先ほど家づくりの目的は『家族の幸せ』と書きました。 耐震等級2以下の家では、地震から家族を守り『家族の幸せ』を実現できない可能性があるということをしっかりと認識する必要があります。 もちろん可能性の話ではありますが、人の命に直接関わることは常に安全側で考えないといけないのです。 ましてや今回のように近い場所で実際に被害が発生している状況では、なおさらです。

耐震等級3は最低基準と考えましょう。


耐震等級3が完璧だということはもちろんできません。むしろ耐震等級3は最低基準だと考えるべきです。当社では耐震等級3の認定を受けたうえで制震構造も取り入れています。 順番としては耐震等級3の認定を受ける(最低限必要)、そして揺れの軽減や繰り返し地震に対応するために制震構造を取り入れることが大切です。 耐震等級3の認定も取らずに、制震を取り入れたり、制震ダンパーを入れるだけではだめなんです。 さらに、同じ耐震等級3でも面材(パネル)を使った構造と、筋交(すじかい)のみの構造では大きな違いがあります。 筋交のみでは力が点に集中しやすく、繰り返しの地震に弱くなります。熊本地震ではっきりしています。国土交通省も警鐘を鳴らしていますし、多くの新聞やテレビでも伝えられている事実なんです。危険なんです。多くの方に知っていただきたいです。 また、外周部に筋交いを使うとその部分に断熱材を入れることができないので、耐震性の低下だけでなく、断熱性、気密性も低下します。この場合、内部結露の原因にもなり、国土交通省の省エネ技術者講習でもできるだけ避けるようにとハッキリ明記されています。
左:筋交構造   右:面材(パネル)構造

その他、基礎や水平構面など1棟1棟、様々な角度から検討が必要ですが、そこはプロに任せましょう。 当社は全棟耐震等級3の認定を取得しています。 特に吹抜けのある場合や窓を多く取る場合は、耐震性、直下率等をしっかりプランニングの段階から、安全性を考慮した家づくりを目指してください。

まとめ


耐震等級3が必要な理由は、『家族の幸せ』のためです。家に住むあなたと、あなたの大切な家族のための耐震性です。 もちろん家づくりで大切なことは耐震性だけではありません。断熱性・気密性・換気システムなどの性能(これらは健康にも関わります)、デザインや動線など大切なことはたくさんあります。当社も性能やデザインなどを非常に重視しております。 ただそれらは、地震や災害から家族を守れる強さがあってはじめて意味を持ちます。 快適でおしゃれな家、素晴らしい和風の家、自然素材を多く使った素敵な家、ただし耐震等級認定はなし。これでは本末転倒、家の一番大切な目的が抜けています。もちろんデザイン性の高い家や自然素材は素晴らしいと思います。 ただ、第一に優先するべきなのは家づくりの本質である安全性です。どんないい家も地震で倒壊(全壊、半壊)しては意味がありません。 全ては家族を守り、家族の幸せを守る強さがあってからのことです。家づくりを考える場合はまず第一に家づくりの本質(耐震性、安全性)を考えてください。 あなたとあなたの家族が幸せに暮らすために。

実験動画

最後に地震による強度の実験動画をお伝えします。衝撃です。1つ目は当社が採用する耐震等級3プラス制震構造の家、2つ目は耐震等級1で筋交(すじかい)構造の家です。 耐震等級3プラス制震構造の家は、繰り返し阪神大震災級の地震の振動を受けてもびくともしていません。動画では7回目、8回目、9回目の振動を与えている実験場面です。繰り返しの揺れ(地震)に対する圧倒的な強さが証明されています。最後には開発者が何回やっても同じですと言っています。 2つ目の耐震等級1で筋交い構造の家は、1度の揺れで筋交いが座屈(折れる)、通し柱等構造材も折れています。なんとか倒壊していませんが、相当なダメージを受けており、危険なので2回目の実験はできません。ただ、現実には繰り返しの地震(余震も含め)が発生することはめずらしいことではありません。 耐震等級1の場合、柱を太くしても通し柱を増やしても地震の水平力に対抗することはできません。この現実、技術的な真実をしっかり認識して、本当に地震に強い安全な建物を造らなくてはいけません。 1.耐震等級3認定 + 制震構造
  2.耐震等級1 + 筋交い構造
  あなたと大切な家族が暮らす家。この現実を全国の方にしっていいただき、本当に強くて安全な家に暮らしていただきたいです。 有限会社快建築舎 〒826-0042 福岡県田川市川宮349番3 Tel. 0947-85-9657 Fax. 0947-85-9658 HP/ http://www.kai-home.jp ブログ/ http://kai-home.jp/category/blog/ 注文住宅の口コミ地域No.1! 高性能住宅、快適と評判の家づくりを行う建築会社・住宅メーカー(ハウスメーカー)です! 営業エリア 田川市・田川郡(糸田町・福智町・大任町・添田町・赤村)・飯塚市・嘉麻市・ 嘉穂郡・直方市・鞍手郡・宮若